石垣島ダイビングおすすめポイント

石垣島には様々なダイビングスポットがあります。どこでもたくさんの種類の魚たちと触れ合うことができます。季節の風向きによって潜れるポイントが異なりるので、シーズンに合わせて各ダイビングポイントを楽しみましょう。

★ 石垣島北部エリアは夏がおすすめ

石垣島夏の綺麗な海
南風が吹く、4月から11月のシーズンは石垣島の北部エリアでダイビングをするのがおすすめです。

北部エリアは基本的に混み合うことがありません。なぜかというとダイビングショップが少ないためです。ほとんどのポイントで他のショップと会うということがありません。

ダイビングポイントまでが非常に近いのも特徴です。ショップの目の前が港であることも珍しくありません。港から10?20分ボートでダイビングポイントまで行くことができます。

北部が拠点であれば、太平洋エリアにも行くことができます。北部エリアは大きく分けて「太平洋・平野・平久保」「伊原間アウトリーフ・インリーフ」「米原・荒川・川平」の3つのゾーンに分かれます。それぞれ特徴のある海を楽しめます。

★ 南部エリアは冬がおすすめ

北風が吹く12月から3月の間は南部エリアでのダイビングがおすすめです。風向きはダイビングを安全に行うために重要なので、シーズンに合わせたポイントで泳ぐようにしましょう。

南部エリアは大きく分けて「大崎・名蔵」「竹富島」「黒島・新城島」の3つのゾーンに分かれます。生物の種類が豊富でたくさんの海の生き物と触れ合いたい人はきっと楽しめるでしょう。

日本最大のサンゴ礁「石西礁湖」があるのもこのエリアになります。400種類を超えるサンゴが分布し、海の生き物もたくさんいます。

サンゴ礁が見られる海らしく、明るく浅いのも特徴です。初心者からダイバーまで幅広いレベルの方でも楽しめます。
■石垣島でダイビングをするならこちらのサイトをご参考ください↓↓
石垣島ダイビング人気ショップ「https://xn--eckya9b6d1ho13pw75btq1aw4b.jp/ritou/ishigakijima/」

★ オススメダイビングポイント

☆ ヤマバレー

ヤマバレーイソマグロやカスミアジなどの回遊魚を見ることができます。他にもヤッコエイやアマミスズメダイ、ガーデンイールなどもいます。20m下には映画などでおなじみのクマノミなども生息しています。

☆ アウトリーフ

アウトリーフ初心者から上級者まで楽しめるポイントです。サンゴ礁や海の生き物の観察ができます。ユビエダハダサンゴの群生地であるこのポイントではアカネハナゴイ、キンギョハナダイなどのたくさんの種類の魚たちが生息しています。

☆ 荒川Wアーチ

荒川Wアーチ水深5~20mのあたりに2つのアーチがあります。夏の暖かい時期に潜るとスカシテンジクダイやキンメモドキなどがアーチの中で群れているのを見つけることができます。

☆ マルベ石

マルベ石ローニンアジやグルクマなどを見ることができます。大浜海岸に面したポイントで非常に入り組んだ地形を楽しめます。複雑な地形の中を泳ぐ魚たちは見ていて飽きません。サンゴ礁もきれいです。

☆ マエサトケープ

マエサトケープサンゴが最も美しいと言われています。地形も楽しめるポイントです。

☆ 宮良トカキン

宮良トカキン初心者には少し難しいポイント。中級者以上のレベルの方にはおすすめ。トカキンとは沖縄の言葉でイソマグロのことを指します。サンゴ礁はもちろん、サメ類などの大きな魚まで見ることができます。

☆ 宮良アウトリーフ

宮良アウトリーフ
白保と真栄里から沖に4km離れたところにあるポイントです。大きな魚を見たいのであればここをおすすめします。

★ 他にもいろいろなスポットがあります

石垣島にはたくさんのダイビングポイントがあります。ここにあげたのはほんの一例です。季節によってどのポイントが楽しめるか異なるので、事前に調べてから行くようにしましょう。